品質向上取り組みについて

コウェルは「日本品質」をキーワードに、
開発段階における品質向上へ取り組みを推進し、
品質管理部門の強化に努めております。


QA
  • tool01

RedmineやBacklogなどの
プロジェクト管理ツール

  • tool02

SVNやGitなどの
バージョン管理ツール

開発状況を常時監視できるよう、RedmineやBacklogなどのプロジェクト管理ツールを導入し、WBS,作業記録、Q&A仕様変更等のあらゆるデータを集約し、ブリッジエンジニア(BSE)やプロジェクトマネージャー(PM)によるモニタリングを行っております。また、ドキュメントの更管理はSVN(オープンソースのバージョン管理システム)を利用し、開発に関するすべてのドキュメントやソースの管理を行っております。当社の品質を継続的に向上するため、開発案件終了時にPMがお客様の評価を収集します。これにより、開発の工程における問題点や相違点を発見できるため、その問題点等に対する対策を立てて今後の改善につなげることができます。

QA02
QA002
  • tool03

    経験

  • tool04

    テスト技術

  • tool05

    日本語

  • tool06

    品質に対する意識

コウェルのQAチームは、数年間、日系企業でソフトウェアテストに特化した業務経験を持つ人材を採用しております。海外や日本国内で使用するテスト技術に精通しているだけではなく、品質に対する意識が非常に高いのも特徴で、日本人が求めるレベルとほとんど変わりがございません。また、QAチームの全員は日本語でのコミュニケーション(チャット、メール、Skype会議)だけではなく、日本語で資料(テストケース、テストレポート)を作成できる高い日本語能力を持っています。

テスト自動化によるテスト効率の向上、工数削減を実現

膨大な数のテストをいかに効率よく実施するのかという観点から"テストの自動化"が注目されています。
コウェルでは早くからテストの自動化を導入しており、効率の良いテストサービスを提供しております。

テストプロセス

  • お客様
  • ユーザに優しい UIを作れるよう、仕様書の補足も提案できます
  • 自社製のテストケース 自動作成ツール「MUSHI」
  • お客様
  • マニュアル+自動化テスト実施
  • QAのコピー
  • next
  • テスト結果承認

テストケース作成のフェーズでは、「虫(MUSHI)」という自社製のツールを利用しております。このツールは入出力のパターンを余すところなく網羅し、 表形式のテストケースのひな形を自動生成するもので、一貫性のあるテストパターンをテストプロセスに組み立てることが可能です。標準テスト項目を テストプロセスに組み込むことで、さらにテスト設計工数を削減できます。※スクリプトメンテナンスが多いものなど、自動化のメリットが薄いものは事前に エンジニアによって範囲を選別しております
テスト実施のフェーズには、同じテストを繰り返すような場合や、異なる端末やOSプラットフォームにおいては、自動テストを同時に実施することが可能 なため、作業時間を大幅に短縮できます。また、エラーレポート機能によって不具合の再現条件とその内容を素早く把握できます。

テスト技術及び自動テストツール

  • テスト技術
  • 同値分析
  • 境界値分析
  • デシジョンテーブル
  • 自動テストツール
  • WEB:Selenium, Jmeter
  • Androidアプリ:Robotium
  • iOSアプリ:UI Automation
  • iOS+Androidアプリ:Carabash, Test Cloud Service
株式会社コウェル

株式会社コウェル

  • A:東京都品川区東品川二丁目2番33号
    Nビル3F
  • E:info@co-well.jp
  • T:03-5783-4511
  •  
Vietnam Hanoi

CO-WELL ASIA Co .,LTD

  • VIETNAM (Hanoi)
  • Hanoi (Headquarter) : 3D Building, Duy Tan Str,
    Cau Giay Dist, Hanoi, Vietnam 10000
Vietnam Da Nang

CO-WELL ASIA Co .,LTD

  • VIETNAM (Da Nang)
  • Da Nang (Branch): 12nd Floor, Vinh Trung Plaza,
    255-257 Hung Vuong St., Thanh Khe District, Da Nang