catch-img

SharePointチーム連載vol.6|<当社の移行ツール>Coibumi Data Migration

これまで、「第5回Notesアセスメントの重要性と作業効率について」、 「第4回Domino/Lotus Notesと移行の際に知っておきたいこと」 、 「第3回SharePoint Onlineへの移行方法」 についてお伝えしてきましたが、連載も残すところあと2回となりました。

そこで今回は当社のNotes/SharePointなどのグループウェアを短時間・低コストで他のグループウェアなどへマイグレーションするデータ移行ツールである、Coibumi Data Migration(以下、CDM) についてのご紹介をしようと思います。



CoibumiDMの特徴

現在、様々な移行ツールが世の中にありますが、CDMにはいくつかの特徴があります。
① データ加工が強い
② 差分可能ので、ダウンタイムの短縮
③ コスト削減 未使用のデータ等を抽出可能。(例:1年以上更新がないデータベースなど)
④ 複数グループウェア移行可能
これらについて以下で詳細の説明をしていきます。


CoibumiDM

※1: 現在未サポート(要相談)



①データ加工

コウェルのCDMは、移行元から各種データを抽出後、一旦サイト構築情報をExcelファイルへ、移行するデータベース情報をSQL Serverへ格納することで、移行先のサイト構築処理とデータ移行処理を別々の工程で行う方式を採用しました。
中間データベースにデータを抽出するので、簡単にデータ加工が実施できます。
例えば、元の環境に3つのフィールド(年、月、日)が存在し、移行後に1つのフィールドに合わせたい場合、他のツールでは無理ですが、CDMでは簡単に処理が可能です。


CoibumiDMフィールド


CoibumiDMによるデータ加工の流れ



②ダウンタイムの短縮

移行データの量が多い場合は、1回の移行ではデータ移行に時間がかかり数日のダウンタイムが発生してしまいます。しかしこのCDMでは、移行作業を2回に分けた差分移行を行うことでダウンタイムの短縮が可能です。


ダウンタイムの短縮

|1回の作業でのデータ移行(ダウンタイムが長い)


ダウンタイムの短縮

|移行作業を2回に分けた差分移行(ダウンタイムが短い)



③コスト削減


他の移行ツールは、データベースのサイズ等により、ツール単価が決まるものが多いですが、CDMは、データベース容量課金ではありません。1PCあたりの単価になりますので、ツール単価費用も抑えることが可能です。


④複数グループウェア移行可能

Coibumi(CO-WELL Information Business Migration)は、グループウェアのマイグレーションを支援するソフトウェア群です。SharePoint開発サービスと組み合わせてご利用いただくことで短期間・低コストでマイグレーションを実現します。
Coibumiには、①Notes/DominoからSharePointへのマイグレーションに必要なアセスメント作業を短時間で実現できる<Coibumi Notes Assessment>と②各アプリケーション間のデータ移行ツール(Notes/SharePointからのデータ移行を効率的に行える)<Coibumi Data Migration>があります。

※現在無料トライアル実施中!!トライアルについては当社HPの「お問い合わせ」よりご連絡ください。次回は、最終回となります。

各ツールの情報については、こちら↓

  SharePoint開発・移行|オフショア開発を高品質・低コストで実現 株式会社コウェルは、SharePointを活用した業務体制の開発や、SharePointへの移行を、オフショア開発による最適コストと安心の品質でお届けしています。新規導入はもちろん、バージョンアップ、マイグレーションまで、いずれのパターンにも柔軟に対応可能。SharePointの導入は私たちコウェルにお任せください。 株式会社コウェル
  開発リソースをオフショア開発で補填するのはアリか、ナシか | 株式会社コウェル コロナ禍では多くの企業が、業務内容の転換やリモートワークへの切り替えを余儀なくされています。これに伴い、企業の抱える課題として固定人件費増や開発コスト増、即戦力人材の獲得困難、人材不足による案件損失への対策も急務となっています。 そんな中、コロナ禍の影響を最小限に抑えられる方法として再注目されているのが、「オフショア開発」です。 オフショア開発のメリット、デメリットそして本当にIT人材リソース不足への最適な解決方法なのか解説します。 株式会社コウェル


オフショア開発会社バナー