7月27日開催コウェルITビジネスカレッジレポート

July 27, 2018
ー大規模開発・海外進出の事例から学ぶ、日本とベトナム・ハイブリッド開発手法ー
7月27日開催コウェルITビジネスカレッジ
2018年7月27日に弊社主催で【ITビジネスカレッジ】ー大規模開発・海外進出の事例から学ぶ、日本とベトナム・ハイブリッド開発手法ーを開催しました。

当日は、実際に活躍する【日本側】【ベトナム側】それぞれのエンジニアが登壇しました。

尚、本セミナーは以下の方を対象とした内容となっております。
・<初めてオフショア開発を始めたい>
・<国内外へ事業拡大するために開発力を求めている>
・<システムの設計、構築、運用に携わっている>
・<エンドユーザ、インテグレータの方々で、基本的なソフトウェア開発の知識をお持ちの方>
|当日プログラム|
1)【日本側】様々なオフショア開発の価値、導入事例、主力事業を活かした海外寝室、スモールスタートから大規模開発まで
平沼写真
株式会社コウェル
グローバルエンジニアリング部 副課長 平沼 哲より
具体的なクライアント例を挙げ、事業戦略やオフショア開発に踏み切った目的、初期提案から使用したテクノロジーとプラットフォーム、成功事例に至るまで実例で紹介。そこから見えてくるベトナムオフショアの良さと課題点についても現場の日本人PMならではの視点でお伝えしました。そして海外進出プロジェクトについても言及。タイやニュージーランドへの市場へのローカライズのポイント、プロジェクト拡大へのプロセスについても解説しました。
2)【ベトナム側】実際のシステム開発チームの紹介、チームの動き方、グローバル開発の注意点、開発のキーポイントについて
ズン写真
株式会社コウェル/Co-well Asia
システム開発部 課長 Vu Hong Dungより
タイ、ニュージーランドでの担当システム範囲から開発チーム体制、プロジェクト進行の手法、そして『PDCAのサイクル最大化』等に対する顧客希望に対するチームの目標や作業工程の流れについてお話しました。そこから開発高速化と品質・精度向上に向けたすすめ方の提案など実際のケースを元に紹介しました。特にグローバル開発の注意点では、ベトナムとニュージーランド間の時差への対応や現地語への翻訳対応等、具体的なものが多く参加者の方達が写真を撮ったり、メモをとっている姿が目立っていました。
7月27日様子
7月27日登壇社員2名
暑い中お参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。
コウェルITビジネスカレッジは月1回様々なテーマで開催しております。是非次回もご参加ください。
pagetop