Safkat`s Discoveries! Experiencing Japanese Workplace#1

コウェルのバングラデシュエンジニアから見た日本&コウェルの教育方法や仕事の進め方について“目からうろこ”の経験を綴ったBlogです。

ITエンジニア

第1回、自己紹介と日本で最初に学んだこと〜成長計画シート〜

The author is Safkat.
Global Innovation Headquarters
SystemEngineer
I joined CO-WELL in July, 2019

1. 自己紹介

1.Self Introduction

まずは初めに、自己紹介をしようと思います。
皆さん、初めまして私は、サフカト・アレフィン/Safkat Arefinといいます。
私はバングラデシュの港がある都市として知られているチャタグラム/ Chattagram(一般的には、チッタゴン/Chittagongとして知られています)で生まれ育ちました。
小児科の専門医の父と母、兄と姉、そして妹がいます。チッタゴンで高校まで修了しましたが、その後バングラデシュで最高の教育を受けるため、バングラデシュの首都ダッカに移り、North South Universityへ入学しました。大学では、コンピューターサイエンスとエンジニアリングを専攻しました。

このブログを始めようと考えた理由は、ちょうど1年前の出来事にあります。
2018年11月20日の夕方、私はCO-WELLの採用試験であるオンラインテスト全てに合格し、最終インタビューに臨みました。
最終面接のためにCO-WELLの取締役とDX本部長が東京からダッカに来られました。
彼らから私が尋ねられた3つの質問のうちの1つは、「なぜ日本に行きたいのか?」という質問でした。
日本に行きたい理由はたくさんありました。
その中で一つ最も日本に行きたい主な理由を選ぶならば、『私は日本人の仕事のやり方を学びたい』と言いました。
仕事をする過程には様々な方法があると思いますが、私は、良い仕事と悪い仕事の違いはプロセスの違いだと考えています。
私は、日本人の多様な作業プロセスが彼らの成功のすべての理由であると信じています。 あの面接での問いから約一年後の私、SafkatArefinは現在、東京のCO-WELL-JAPANでシステムエンジニアとして働いています。これから始まるブログでは、日本に来てからの私のすべての職業経験や学習について書いていきます。



Hello everyone, my name is Safkat Arefin. Introducing myself what comes first is I am a Bangladeshi. I was born and brought up in Chattagram (previously and commonly known as Chittagong), which is known as the port city of Bangladesh. My father is a child specialist doctor and my mother is a housewife. I have an elder sister and a younger sister alongside an elder brother. I completed all my school and high-school in Chittagong. But after completing high-school to get the best education available in Bangladesh I moved to Dhaka, the capital city of Bangladesh, and I admitted to North South University. In university, my major was Computer Science & Engineering.

To know the reason behind why I am starting this Blog we have to go exactly 1 Year back. It was the evening of 20th November 2018, I passed all the online tests from Co-Well and was selected for the final interview. Yoshida-san and Muramatsu-san of Co-Well came to Dhaka from Tokyo to take the Final Interview. Among the 3 questions that I was asked one of them was "Why I want to go to Japan?" asked by Yoshida-san. I had many reasons to go to Japan but as I had to choose the main reason for wanting to go to Japan, I said that I want to learn the Japanese way of doing work along with a personal story of how I learned from a Japanese person when I met him in Bangladesh. What I think that work can be done in many ways but what makes the difference between a good job and a bad job is the difference in the process. I believe that the Japanese divergent working process is the reason behind all their success. So now this is I, Safkat Arefin presently working in Co-Well JP in Tokyo as a System Engineer, will be writing about all my learning after coming to Japan.



2.バングラデシュについて

2.Introduction to Bangladesh

バングラデシュは、正式にはバングラデシュ人民共和国ですが、南アジアに位置しています。インドの東側とミャンマーの南側にあります。バングラデシュのタイムゾーンはGMT +6で、これはバングラデシュが日本より3時間遅いことを意味します。

バングラデシュは、歴史的に見るとかなり新しい国で、1971年12月16日にパキスタンから独立しました。 「ダッカ」はバングラデシュの首都になります。国土は、147,570平方キロメートル(56,980平方マイル)で、世界で92番目に大きい土地面積ですが、世界で8番目に人口の多い国で、1億6300万人近くの人口を持ち、人口密度が最も高い国の1つです。

バングラデシュは熱帯の国ですが、この国で最も魅力的なのは、6つの季節があることです。バングラデシュでの生活は、2ヶ月ごとに天候や自然の環境が変化するので退屈することはありません。又、Riverine(リバーリン)の国とも呼ばれており、230を超える河川が流れています。その結果、バングラデシュの人々は、毎日の食事でさまざまな種類の川魚を食べています。さらに、世界最長の約120キロメートルの延々と続くシービーチを持つことでも有名です。バングラデシュの南東側には、世界最大のマングローブ林である「"The Sundarbans" (スンダルバンス)」もあります。

Bangladesh, officially the People’s Republic of Bangladesh is situated in South Asia. It is on the East-side of India and the South-side of Myanmar. Bangladesh's Time zone is GMT +6, which means Bangladesh is 3 hours slower than Japan.

Bangladesh is a fairly new country on the world map. Bangladesh got its independence on 16 December 1971 from Pakistan. "Dhaka" is the capital city of Bangladesh. Though the country is the 92nd-largest in land area, spanning around 147,570 square kilometers (56,980 sq. mi), it is the world's 8th-most populous country with nearly 163 million people, making it one of the most densely populated countries in the world.

Bangladesh is a Tropical country. The most fascinating thing about this country is that it has 6 seasons. So, you will never get bored living in Bangladesh as the weather and nature redecorate itself in every 2 months. Bangladesh is also known as the Riverine country. There are more than 230 rivers flow in Bangladesh. As a result, Bangladeshi people eat different types of river-fish on daily meals. Bangladesh is also famous for having the Longest uninterrupted Sea-Beach in the world. It is around 120 kilometers long. On the south-east side of Bangladesh, there is "The Sundarbans" which is the largest mangrove forest in the world.



バングラデシュ風景

3.日本での最初の教訓

3.First lessons in Japan

私が、日本に来て最初に学んだ教訓は、「試す前にすべてを計画してください」ということです。
その「計画」とは、特定のプロジェクトや毎日または、毎週の計画だけではありません。 毎年またはそれより長く計画することも含まれています。一週ごとに行う報告;週報を書く必要があると言われた時に、“計画すること”を初めて知りました。週報では、先週私がしたことだけでなく、来週私が何をするかについて記載します。そのため、これはその後行う丸1年の計画に対して、来週のスケジュールを計画するという、私にとっての最初の小さなステップのようなものでした。

世界の他の国々と同様、日本のビジネス界においても誰もが毎年進化しています。
しかし、特徴的なのは、日本ではあなたの進化を見守る上司や人事だけでなく、従業員自身も過去1年間に達成したことや、それがビジネスの成長にどのように役立ったかについて自分自身で判断することです。
ここでは、目的や成果を比較する基準となる設定の決定が非常に難しいため、自分自身を評価/判断することがどれほど難しいかを学びます。

更には、年間計画を立てるタイミングです。
通常、他の国ではその年の初めの1月または年の途中の7月に行われますが、日本企業の多くは年度の初めは4月スタートが最もポピュラーです。
しかし コウェルは、年度初めが8月なので10月までにその年の計画を立てることになります。 逆に言うと、毎年8月までに前年度の自らの成長や進化の過程で自分自身を評価し、会社の成長に貢献した業績について明文化する必要があるということです。

しかし、それで終わりではありません。
同時に、来年に達成したい目標を設定する必要があります。
これらの目標は、新年の抱負で決めたような目標ではありません。
達成されれば昇進のきっかけとなります。コウェルでは、昇進できるかの判断材料として必要な要件も従業員自身によって設定されています!
しかし、もちろん、それはあなたの上司と人事部によってレビューされ、独自のプロモーション基準と目標を設定すれば、次の段階に進むために自分には何が必要なのか、どこを評価するかが決まってきます。これらの目標を設定すること自体も難しい部分ですが、更に難しい部分は、設定した目標を果たすための実行可能な計画や施策を構築することです。
この部分では、構築した計画に従って目的の目標を達成するために必要なすべての作業によって自分が行っていることを視覚化する必要があります。
そして、目標、計画、昇進基準の設定、自己評価のこのサイクルは、当社では“年間成長計画シート”と呼ばれる評価判断表の作成から始まります。



The First lesson I learned after coming to Japan is “Plan everything before attempting!”. It isn’t just about a particular project or daily or weekly plans. This plan can be yearly or even longer than that. I was first introduced by this process when I was writing the weekly report. In the weekly report, it is not just about what you did in the past week, it is also about what you will do in the next week also. So, this was like baby steps for me to plan my schedule for the next week with respect to planning for a whole year.

Like any other country in the world, it is Japan's business culture that everyone will have a yearly evolution. But what is different in Japan is that not only the bosses or HR who will do your evolution but also the employee will judge themselves about what he/she has achieved in the last 1 year and how that helped the business to grow. Here you will learn how hard it is to judge yourself because setting that desired bar, with respect to which your achievements will be compared, is very hard to determine. Another different thing in Japan is the timing of making the yearly plan. Usually, in other countries, it is done either at the start of the year, January or the middle of the year, July but here in Japan in most of the companies it is done in April. On the other hand here in Co-Well the evolution for previous year starts from August and the Planning for next year ends in October. The reason behind why Co-Well starts its business year on August is, on 24th August 2007 Co-Well started its Journey as an IT company.

So, what I was saying is that during evolution one has to judge himself and point out his own achievements that helped the company grow. But it does not end here. At the same time, one needs to set the goals that he wants to achieve in the next year. These goals are not just any goals like that you make on the new year's party and usually forget later on. These goals will be the requirements if achieved will trigger one's promotion. So here in Japan, the requirements needed to secure promotion is also set by the employee himself! But of course, it will be reviewed by your boss and the HR department. Setting your own promotion criteria and goal will show how you value yourself to get to the next stage. I would say setting these goals is also not the hardest part, the hardest part is when you need to propose and construct a feasible plan which will back up the claims behind your set goals. In this part, you have to visualize yourself doing by all the works required to achieve your desired goal according to your constructed plan. And this cycle of making goals, plans, setting promotion criteria, evaluating yourself starts from writing the Yearly Growth Plan Sheet. In Japanese, it is called "Seichō keikaku shīto"(成長計画シート).



4.まとめ

4.Summary

最後に、年間成長計画の作成から学んだことを要約すると、次のようになります。
1.)自分の目標を設定することを学んだ。
2.)私の目標を達成するための計画を立てることを学んだ。
3.)計画を視覚化することを学び、試行する前であってもTo Doステップを決定するのに役立った。
4.)私の現在の職責について学んだ。
5.)私の目標が会社の成長にどのように役立つか明文化することを学んだ。
6.)私の現在の状態がどのようであるかを学んだ。
7. )1年後に自分が見たい場所を視覚化することを学んだ。
8.)プロモーションの基準を設定することを学んだ。
9.)最後になりましたが、私は私の成長を評価することを学んだ。



So Finally, if I summarize my learnings from making Yearly Growth Plan it comes down to the following points.
1. Learned to set my own goal.
2. Learned to Construct plan to achieve my goals.
3. Learned to Visualize my plan which helped me determine the To-do steps before even attempting.
4. Learned about my present job responsibility.
5. Learned to point out how my goals can help my company grow.
6. Learned to what my present state is.
7. Learned to visualize where I want to see myself in one year.
8. Learned to set criteria for my promotion.
9. Last but not least I learned to judge me.


参照/Reference:
1."World Population prospects – Population division". population.un.org. United Nations Department of Economic and Social Affairs, Population Division. Retrieved 9 November 2019.
2. "Overall total population" – World Population Prospects: The 2019 Revision" (xslx).population.un.org (custom data acquired via website). United Nations Department of Economic and Social Affairs, Population Division. Retrieved 9 November 2019.
3. "বাংলাদেশের নদ-নদী সম্পর্কিত সাধারণ জ্ঞান (সকল প্রশ্ন একসাথে)".Educarnival. Retrieved 13 April 2019.
4. "Bangladesh: Tourism". The Europa World Year Book. Taylor & Francis. 2003. p. 679. ISBN 978-1-85743-227-5.
5."Sundarbans Reserved Forest". RamsarSites Information Service. Retrieved 14 February2019.



pagetop