Safkat`s Discoveries! Experiencing Japanese Workplace#2

コウェルのバングラデシュエンジニアから見た日本&コウェルの教育方法や仕事の進め方について“目からうろこ”の経験を綴ったBlogです。

ITエンジニア

第2回、私と日本、コウェルとの出会い

The author is Safkat.
Global Innovation Headquarters
SystemEngineer
I joined CO-WELL in July, 2019

1. 私の日本への旅

1.My journey to Japan.

私の日本への旅は卒業前に始まりました。
North South University[1]の最終学年の学期末。通常、最後の学期の学生は大学への最終論文を提出しなければならないため、大学生活で最も忙しい時間を過ごします。
しかし、私の場合は、最終学期までにすでに最終論文を提出し終えていたため、一般コースのみを残す状況でした。
空いた時間で、成績を上げるためにいくつかの再受験コースを受講し、出版のための研究論文に取り組みました。
私の大学用のメールアドレスには、将来のあらゆる機会に関する部門および大学からのメールが送られてきました。
ある夜、部門長のSazzad Hossain教授/博士[2]からB-JET(バングラデシュ-日本ICT Engineers’ Training)プログラム[3]についてのメールを受け取りました。
私たちの大学の先輩の一人は、第2期生としてプログラムを終え、この機会を知らせるメールを部門長に送ったようでした。
私は今でもその時メールをチェックし、B-JETに申し込んだのが夜中の午前3時頃だったことを覚えています。
あの時B-JETに応募せずに寝ていたら、今どこにいただろうか?と思うことがあります。

さて、B-JETとは何かについて話しましょう。
B-JETとは、バングラデシュと日本のICTエンジニアトレーニングプログラムのことです。
JICAは、ITスキルに加えて、日本語スキルやビジネスマナーなどソフト面のスキルを備えた日本のIT企業で働くためのICTエンジニアの開発を目的とした組織です。
その研修生達は、日本の宮崎大学の日本人教師によって日本語と日本のビジネスマナーを習う、3ヶ月間の厳しいトレーニングプログラムを受けます。
さらにその研修期間中、日本のIT企業がバングラデシュに来て、研修生に採用面談なども行う機会がありました。
私はその第4期生でB-JETに応募しましたが、そのプログラムは当時ITエンジニアの間で人気が高まっていました。
私がB-JETに応募したとき、応募候補者番号は4002でした。
私たちは全員、技術試験・技術面接・日本のB-JET管理チームによる面接、および基本的な日本語スキルテストを受けました。
少なくともITエンジニアの4,002名の応募者のうち(実際にはそれ以上いたかもしれない)、40名だけが研修生として選ばれました。
私は、B-JETに参加したトレーニング2週目に、面談のために3社の日本企業から電話がありました。
その中で コウェル/当社の場合、対面インタビューに入る前に、オンラインコーディング試験と適性試験を受けなければなりませんでした。
その時、私は2つの異なる日本企業からオファーを得ていました。一つの会社は宮崎にあるIT会社で、もう一つは東京にあるコウェルです。皆さんは、私がどちらを選んだか知っていますよね。



My Journey to come to Japan started before my graduation. It was on my last semester at North South University[1]
Usually in last semester students spend the busiest time in their university life as they have to submit and present their Final Thesis work in-front of the whole University.
But in my case, it was not the same as I have already completed presenting my Final thesis on my second last semester so I only had some general course left for the Final semester.
As I had time so I took some retake courses to elevate my grade and worked towards my research paper for publication.
We have our university mail address where we get mail from department and university regarding general affairs and all the future opportunities.
One night I got an email from my Department Head Dr. Sazzad Hossain [2] about BJET(Bangladesh-Japan ICT Engineers’ Training) Program[3].

One of the seniors from our university completed the Program on its 2nd batch and he sent an email to the department head informing about this opportunity. I still remember it was around 3 am at night when I was checking my mail and applied to B-JET.
I sometimes wonder where I would be at now if I had not applied to B-JET and slept instead.
Let's talk about what B-JET is, the full form of B-JET is Bangladesh-Japan ICT Engineers Training Program. It is organized by JICA with the Purpose of developing ICT engineers to work in Japanese IT companies with the skillset of Japanese language, IT skill, and soft skills such as business manner. It is 3 months rigorous training program where trainees are being taught the Japanese language and Japanese business manner by the Japanese teachers from the University of Miyazaki.
During the training period, Japanese IT companies from all over japan go to Bangladesh to interview those trainees and make Job offers to them. I applied to B-JET on its 4th Batch and at that time it was getting popular among IT engineers. At the time when I applied to B-JET, the applied candidate number was 4002. We all went through a Technical exam, Technical interview, interview by Japanese B-JET admin team and basic Japanese skill test.
From those 4002 applicants of IT engineers, only 40 were selected as a trainee. So after joining B-JET on the 2nd week of my training, I was called by 3 Japanese companies for interviews.
In the case of Co-Well, I had to go through an online coding exam and aptitude exam before appearing on the face to face interview. At that time I got 2 offers from 2 different Japanese companies.
One company is from an IT company stationed at Miyazaki and another one is Co-Well stationed in Tokyo. You All know what I choose.



日本でのエンジニア生活

2.なぜ日本を選んだのか?

2.Why I chose Japan.

卒業を終えた後の選択肢はほとんどありませんでした。選択肢は、次の3つに絞られました。
1). さらに高度なIT研究のために海外(米国・カナダ・ドイツ・オーストラリア)に行く
2).バングラデシュにあるIT企業で働いて経験を積む
3).日本に行き、日本のIT企業で働く

働くか研究の道に進むか


正直に言うと、3)番目の日本行きは最終手段で、それが達成されることへの希望はほとんどありませんでした。
では、なぜこの最も実現不可能な将来の選択をしたのか?
その理由について話しましょう。

卒業後、IELTS試験[4]を受験し、海外の大学に高等研究を申請できるようにしました。 同時に、バングラデシュのソフトウェアエンジニアにとって第一希望に上がりやすい場所の1つであるSamsung R&Dに応募しました。
幸運なことに、IELTSで非常に良いスコアを獲得し、Samsung R&Dからオファー面談を求められました。
しかし、その時、私はまだB-JETとの最終面接を受けていませんでした。
そこで、私は大学のTanzilur Rahman教授/博士[5]にアドバイスを求めました。
彼のところに行った理由は、一緒に私の最終学年のCapstone Projectを行い、評判の良い会議で2つの研究論文を発表したので、その過程で私達は本当に良い関係ができたからです。
また、彼はUniversity of Sheffield, UK修士号を、東京大学で博士号を取得していたので、彼はヨーロッパと日本の両方のライフスタイルについてよく知っていました。
私は彼を私のメンターの一人と考えていたので、Samsung R&Dに就職し給料をもらうか、B-JETでチャンスをつかむか、高等研究のために海外に行くべきかを尋ねました。
1時間のディスカッションで多くのことが出てきました。

要約すると、
i)私はいつでもバングラデシュのIT企業に就職することができるが、学部生を修了しただけで何の経験もない若者が、B-JETが提供する日本のような外国からの求人はそれほど簡単に得られないかもしれない。
ii)日本のIT企業でのキャリアを始めることができれば、日本は技術的に先進国であるだけでなく、日本で働くことになるので体系的かつ効率的に仕事をすることについて多くを学ぶことがでる。それは将来的に私を助けてくれるはず。そして、もし日本のワークライフに慣れることができれば、世界のどこでも仕事をするのに苦労することはない。
iii)高度な研究については、IT業界で良い経験を得ることができれば、自分の好きなジャンルの研究をする必要があるときに、自分の仕事をより論理的に関連付けることができる。
iv)最後に、日本と日本人は非常にユニークな文化を持ち、その文化に慣れれば、日本はこの世界で最も住みやすい場所の一つである。

日本のイメージ


これらは私のメンターから得たアドバイスのほんの一部で、日本を選ぶことへ、私に大きな影響を与えました。また、これらのアドバイスとともに、私自身にも理由がありました。
それは、私が15歳の時、叔父の自動車ショールームを訪れて、人生で初めて日本人と会った話です。
日本車はバングラデシュ人に最も人気があるので、私の叔父は主に日本車を輸出していました。叔父の日本のサプライヤー(名前は近藤さん)は、当時バングラデシュに出張していました。若い私は、ワクワクしてその時を待ち、彼がショールームを訪れ挨拶をした後、ショールーム見回すと、彼はナプキンを求めました。驚きながらナプキンを渡すと、彼は膝を折り、ショールームの少し汚れた車のタイヤを掃除し始めました。

叔父は本当に驚いて、「ここでこれをする必要はありません。これを掃除するために別の人がここにいます」と言いました。
これを聞いて近藤さんは、叔父に「あなたの清掃人に電話して、私が45年前から行ってきたタイヤの適切な清掃方法を教えましょう」と言いました。その日、私は上司が命令するだけではリーダーになれないことを学びました。上司がリーダーになるためには、彼が従うべき例を示して正面からリードする必要があるということです。
ですから、日本を選ぶと同時に、日本人と一日を過ごすだけで人生の教訓を学べるなら、日本人と日本の文化から学ぶことがたくさんあると思えたのです。


After completing my graduation, I had few options to choose for my endeavor. among those choices, 3 of the choices were prominent which were,
1. Going abroad(US, Canada, Germany, Australia) for higher studies in IT.
2. Gather experience by working for an IT company stationed in Bangladesh.
3. Go to japan and work for a Japanese IT company.


To be honest, the 3rd option came to my consideration at very last and I had the least hope of accomplishing it. Now let's talk about why this least feasible option became my choice for my future.
After Graduating I took my IELTS [4] exam so that I can apply to the foreign universities for my higher Studies. At the same time, I applied at Samsung R&D, one of the desired places for software engineers in Bangladesh. Luckily I had a really good score in IELTS and was called for the offer-interview by the Samsung R&D. But at that moment, I still had my final interview with B-JET yet to pass. So I went to my Professor from university Dr. Tanzilur Rahman[5] for the suggestion. I went to him because I did my final year Capstone Project with him and ended up publishing 2 Research papers on reputed conferences so we had a really good relationship between us. Also, he did his M.Sc. from The University of Sheffield, UK & did his Ph.D. from The University of Tokyo so he had a really good idea about both europian and Japanese lifestyle.

As I considered him as one of my mentors I asked him if I should take the Job Offer from Samsung R&D and get paid or wait and take chance on B-JET or go abroad for my higher studies. A lot of things came up in our 1-hour long discussion. In summary, he told me that
i). I can get a job in any Bangladeshi IT companies whenever I want but I may not get a job offer from a first world country like Japan so easily after just completing the Undergrad without any experience, which is what exactly is offered by B-JET.
ii). If I can start my career in IT in japan than it will be a huge boost for my career not only because Japan is a technologically developed country but also if I work in japan then I can learn a lot about doing work systematically and efficiently. It will help me lead a routined lifestyle which will always help me in my future life. in a sentence, he said that if you can get accustomed to the Japanese work life than you will not face difficulties working in any corner of the world.
iii). About getting higher studied he told me that if I can get a good experience in the IT industry then I can relate my work more logically when I need to do research work on my preferred genre.
iv.) Last but not least he told me that Japan and Japanese people have a very unique culture and if can get used to that culture than Japan is one of the best places to live in this world.

These are the bits of advice i got from my mentor which influenced me a lot towards choosing Japan. And also along with those pieces of advice I had my own reasons too.

It is a story about when I was 15 years of age and visited my uncle's Car Showroom to meet with a Japanese person for the first time in my life. My uncle exports Japanese cars mostly as Japanese cars are the most popular to Bangladeshis. My uncle's Japanese Supplier named Kondo-san was on a business trip to Bangladesh at that time.
Young me was waiting for him eagerly and excitedly. When he entered the showroom after greeting and visiting the whole showroom he asked for a napkin. We were surprised but gave a napkin to him. I saw him get into his knees and started cleaning a tire of a showroom car as there was a bit of dirt. My uncle was really startled and told him that "You do not have to do this here, we have separate people here for cleaning this." Hearing this Kondo-san told my uncle that call your cleaning person so that I can teach him how to clean the tire properly because I have been doing this for 45 years now. On that day I learned that a boss can not be a Leader just by giving orders, for a boss to become a leader he needs to lead from the front by showing examples to follow.

So when choosing Japan I thought to myself that if I can learn a life lesson by just spending a day with Japanese then I still have a lot to learn from Japanese people and Japanese culture.



エンジニアとしてのキャリアパス

3.日本に対する第一印象

3.My first impression of Japan

私は2019年3月27日に初めて日本に来た時のこと、宮崎大学プログラムに参加していた他の4人のB-JETメンバーと一緒に宮崎空港に降りました。タイのバンコクで1回、韓国のソウルで1回の計2回の乗り継ぎがあり、長いフライトで本当に疲れましたが、初めての日本に興奮していました。
私たちはB-JETから日本についての多くの話を聞いていたので、多くの期待を持っていました。そして、日本は私を失望させず、これまですべての期待を超えて親切にしてくれたことを認めなければなりません。
フライトが宮崎空港に着陸した時、飛行機が完全に停止するまで誰も立ち上がらなかったこと、その後、最初の列から最後の列まで順番に降りていくこと。入国審査官は最初に英語で私の名前を尋ねましたが、私が日本語で答えると、彼は笑顔で日本語で続けました。
その後、私がバッグを取りに行った時、空港の従業員が老人と女性のスーツケースを持ち上げるのを手伝っているのを見ました。
この時までに、私は日本が今まで行ったどことも異なることを知りました。

次に、コウェル、宮崎大学関係者、そしてKJS[6]の従業員からの歓迎に驚きました。当時、コウェルは宮崎に支社がなかったため、吉田取締役が私たちを歓迎するために東京から来ていました。吉田さんは、その後の3日間、私と私の同僚であるPuspoさんを家族のように世話し、日本の生活に慣れるまでのあらゆる段階で私たちを助けてくれました。
在留カードの登録から銀行口座の開設、日常生活に必要なもの全ての購入に至るまで。 日本と互換性のあるアダプターを持ってこなかったので、彼自身のモバイル充電器を私に与えてくれました。コウェルファミリーの一員になれたことを幸運に思います。 最後に、大事なことを言い忘れていましたが、大学の職員がカリキュラムについて説明してくれた宮崎大学での初日のオリエンテーション会議で、私は最初の日本での地震を経験しました。
それは私の想像以上のものでしたが、みんな笑って、「日本もあなたを歓迎しています」と言っていました。


I first came to Japan on 27th March 2019 and entered through Miyazaki Airport along with 4 other B-JET members who were in Miyazaki University Program. It was a long flight as we had 2 transits, one on at Bangkok, Thailand and another one on at Seoul, South Korea. I was really tired but excited as it was my first time in Japan. I had a lot of expectations from Japan as we used to hear a lot of stories about Japan from our Senses in B-JET. And I have to admit that Japan did not disappoint me and Japan has been kind to me until now, exceeding all my expectations.
When my flight landed at Miyazaki airport I saw that no one stood up until the plane fully stopped and after that, we left the plane from the first row to the last row sequentially. The immigration officer asked me my name in English first but when I answered in Japanese he continued in Japanese with a smile. After that when I went for my bags I saw that the airport employees are helping the old and the women in lifting the bags from the rolling belts. By this time I knew that Japan is not like anywhere I have ever been to. The check-out process was so hassled free and it feels like all the systems are made so that travelers can be benefitted.
Next, I was amazed by the reception that I got from Co-Well, Miyazaki University Officials and KJS[6] employees. At that time Co-WEll did not have any branch on Miyazaki so our Vise President Yoshida san came all the way from Tokyo just to welcome us in Japan. For the next three days, Yoshida san looked after me and my colleague Puspo san as his family members and helped us in every step in settling to Japanese life. From registering the residence card to opening Bank account to buying us all the necessary things needed in our daily life he helped us every way possible. I still remember him, giving me his own mobile charger as I did not bring Japan compatible adapter Bangladesh and we could not find one in local shops. I feel lucky to be a member of the Co-Well Family.
Finally, last but not least on the first-day orientation meeting at Miyazaki University where university officials were explaining to us about the curriculum, I experienced my first Japanese Earthquake. And it also exceeds my expectations. Everyone was laughing and saying, "Japan is also welcoming you all."



-->
pagetop