2019/07/11

引用:ITmedia NEWS

“米IBMは12月6日(現地時間)、Notes、Dominoを含むエンタープライズ向けソフトをインドのIT企業HCL Technologiesに18億ドルで売却すると発表した。規制当局の認可が得られれば、2019年中頃に売却は完了する。”

“NotesとDomino以外に売却される製品は、Appscan、BigFix、Unica、Commerce、Portal、Connections。”

冒頭の通り、2018年12月IBMがNotes/Dominoをインドの企業に売却するというニュースが記憶に新しいですね。
そのニュースを受け、既存システムの見直しを迫られるケースも散見されました。
第4回では、Domino/Lotus Notesについて振り返り、移行の際に注意したいポイントをまとめてみました。

1.Domino/Lotus Notesとは

IBM Notes Domino

Domino/Lotus Notesは、Eメール・予定表・To Doリスト・ファイル共有などのチームワーク機能を提供するクライアント(Lotus Notes)とサーバー(Domino)です。すなわちDomino/Lotus Notesはグループウエアです。 Domino/Lotus Notesは、以下のようなメリットを持っています。
■自己完結型について:
ExchangeはActive Directoryに、Novell GroupwiseはNovell's eDirectoryに依存しますが、Dominoは外部アプリケーション、オペレーション、ネットワークなどに依存しません。 よって、サーバーの移動/バックアップ/リストアが簡単に行えます。
さらに、MicrosoftはActive Directory、Exchange、Outlook、SharePoint、SQLなど個々の機能に区分され、Domino/Lotus NotesはALL-IN-ONEグループウェアを提供しています。
■堅牢性について:
Dominoでは、ユーザーメールごとに別のデータベースを使用するため、各サーバー間で同期の際にダウンタイムがほとんどありません。
■スケーラビリティ及びプラットフォーム選択について:
Dominoは、Windows、Linux、Unixなどのプラットフォームで稼動でき、Lotus Script、Javaなど様々なプログラム言語をサポートしています。
■セキュリティについて:
Domino/Lotus Notesは、セキュリティ性に優れており、フォームでの各フィールドで権限を付与できます。

1989年、IBM社は初版のLotus Notesを発売し、30年経った今でもLotus Notesは世界で人気を誇っています。
しかし、Lotus Notesには以下のようなデメリットがあります。
●ライセンス料が高い:
IBM社はALL-IN-ONEを方針として開発しているため、ライセンス料が高くなります。また、Micrsoftのユーザーは各ソフトウエア(Office、メール、SharePointなど)を選択できますが、Lotus Notesユーザーはそれらを使用できません。
●メンテナンスコストが高い:
Notesの利用者は多く存在する一方、Lotusスクリプトを開発できる開発者が圧倒的に不足しています。そのため、他のプラットフォームと比べてNotesでアプリケーションを開発するコストが高くなりがちです。
●Web及びモビリティについて、Lotus NotesはWebで稼動できるが制約が多い:
10年前、モバイルデバイスが急増しましたが、Notesモビリティは重視されませんでした。最近やっとLotus Notesをモバイルデバイスで稼動できるようになりました。

上記のデメリットに加えて、2006年にIBMワークプレースの開発を中止したことがLotus Notesの発展を止めてしまうのでは?という噂が流れています。
以上により、利用者の中ではLotus Notesから他のプラットフォームに移行を検討する傾向が高まってきました。

2.Notesの移行方法について

IBM Domino-notes

先述の通り、Domino/Lotus Notesは、ALL-IN-ONEソリューションのため、他のプラットフォームに移行するためにまず、現行の環境でLotus Notesをどのような目的で使用するかを明確にし、目的によって適切な移行方法を選定する必要があります。
以下は主なNotes移行方法の選択肢です。
- ①メール移行
- ②Notesアプリケーション移行
メール移行は様々な移行先を選択できます。
しかし、Notesアプリケーションの最適な移行先はSharePointとされています。
その理由は、以下の画像をご覧ください。

notes移行sharepoint

まず最初に、NotesとSharePointのデータ構造とコンポーネントがほぼ同じため、他のプラットフォームと比べてNotesからSharePointへ移行しやすい点です。
次に、Office 365(Office、Exchange等)が人気となっているため利用者は、Notesアプリケーションの代わりにSharePointを使用ためライセンス料を削減できます。
最後にSharePointはWebプラットフォームのため、インストールせずに様々な環境で稼動できます。
CSOM API経由でC#、Javascriptでカスタマイズがしやすくなり、C#やJavascriptの基本知識を必要とするのでSharePoint開発者のコミュニティが発展していることも理由の一つです。

<NEWS>
Notes/Domino からのデータ移行を支援するツール提供開始
〜 Notes/Domino から SharePoint®への移行を低コスト・短時間で実現!〜

Tran Van Khau ※無料トライアル実施中!!トライアルについては当社HPの「お問い合わせ」よりご連絡ください。
ツールの詳細情報については、https://www.co-well.jp/services/biz/data.htmlを参照ください。

当社では、2019 6月よりグループウェアの他のプラットホームへのマイグレーションに不可欠なデータ移行作業を効率的に実現する自社開発ツール「Coibumi Data Migration(以下 CoibumiDM)」 に、Notes/Domino の移行機能を追加した新バージョンを販売開始しました。
現在、新バージョンの機能が体験できる無料トライアルを実施中です。この機会にお気軽にお問い合わせください!
詳しくはこちら↓
■サービス関連サイト
・CoibumiDM: https://www.co-well.jp/services/biz/data.html
・SharePoint 開発・マイグレーション: https://www.co-well.jp/services/biz/index.html

次回は・・・CO-WELLのNotes移行のサービスについてです。乞うご期待!



RECENT POST 「SharePoint」の関連記事

CONTACT

お問い合わせ

当社では、SharePoint開発・マイグレーションについてご相談を承っています。作業効率化したいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイディアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?など

無料相談受付中です。お気軽にご相談ください。
pagetop