catch-img

Domino/Lotus Notesメリット・デメリットと移行の注意点


目次[非表示]

  1. 1.Domino/Lotus Notesとは
  2. 2.Domino/Lotus Notesのメリット
    1. 2.1.自己完結できる
    2. 2.2.システムの堅牢性
    3. 2.3.スケーラビリティ/プラットフォーム選択が可能
    4. 2.4.セキュリティ性
  3. 3.Domino/Lotus Notesのデメリット
    1. 3.1.ライセンス料が高い
    2. 3.2.メンテナンスコストが高い
    3. 3.3.Web/モビリティについて、Webで稼動できるが制約が多い
  4. 4.Notesの移行方法について
  5. 5.Notes/Domino からのデータ移行支援ツール
  6. 6.オフショア開発ならコウェル!

引用:ITmedia NEWS

“米IBMは12月6日(現地時間)、Notes、Dominoを含むエンタープライズ向けソフトをインドのIT企業HCL Technologiesに18億ドルで売却すると発表した。規制当局の認可が得られれば、2019年中頃に売却は完了する。”

​​​​​​​“NotesとDomino以外に売却される製品は、Appscan、BigFix、Unica、Commerce、Portal、Connections。”


冒頭の通り、2018年12月IBMがNotes/Dominoをインドの企業に売却するというニュースが記憶に新しいですね。
そのニュースを受け、既存システムの見直しを迫られるケースも散見されました。
今回、Domino/Lotus Notesについて振り返り、移行の際に注意したいポイントをまとめてみました。


Domino/Lotus Notesとは

IBM Notes Domino


Domino/Lotus Notesは、Eメール・予定表・To Doリスト・ファイル共有などのチームワーク機能を提供するクライアント(Lotus Notes)とサーバー(Domino)です。すなわちDomino/Lotus Notesはグループウエアです。

Domino/Lotus Notesのメリット

Domino/Lotus Notesは、以下のようなメリットを持っています。


自己完結できる


ExchangeはActive Directoryに、Novell GroupwiseはNovell's eDirectoryに依存しますが、Dominoは外部アプリケーション、オペレーション、ネットワークなどに依存しません。 よって、サーバーの移動/バックアップ/リストアが簡単に行えます。
さらに、MicrosoftはActive Directory、Exchange、Outlook、SharePoint、SQLなど個々の機能に区分され、Domino/Lotus NotesはALL-IN-ONEグループウェアを提供しています。


システムの堅牢性


Dominoでは、ユーザーメールごとに別のデータベースを使用するため、各サーバー間で同期の際にダウンタイムがほとんどありません。


スケーラビリティ/プラットフォーム選択が可能


Dominoは、Windows、Linux、Unixなどのプラットフォームで稼動でき、Lotus Script、Javaなど様々なプログラム言語をサポートしています。


セキュリティ性


Domino/Lotus Notesは、セキュリティ性に優れており、フォームでの各フィールドで権限を付与できます。


Domino/Lotus Notesのデメリット


1989年、IBM社は初版のLotus Notesを発売し、30年経った今でもLotus Notesは世界で人気を誇っています。しかし、Lotus Notesには以下のようなデメリットがあります。


ライセンス料が高い


IBM社はALL-IN-ONEを方針として開発しているため、ライセンス料が高くなります。また、Micrsoftのユーザーは各ソフトウエア(Office、メール、SharePointなど)を選択できますが、Lotus Notesユーザーはそれらを使用できません。


メンテナンスコストが高い


Notesの利用者は多く存在する一方、Lotusスクリプトを開発できる開発者が圧倒的に不足しています。そのため、他のプラットフォームと比べてNotesでアプリケーションを開発するコストが高くなりがちです。


Web/モビリティについて、Webで稼動できるが制約が多い


10年前、モバイルデバイスが急増しましたが、Notesモビリティは重視されませんでした。最近やっとLotus Notesをモバイルデバイスで稼動できるようになりました。

上記のデメリットに加えて、2006年にIBMワークプレースの開発を中止したことがLotus Notesの発展を止めてしまうのでは?という噂が流れています。
以上により、利用者の中ではLotus Notesから他のプラットフォームに移行を検討する傾向が高まってきました。


Notesの移行方法について

Notes移行方法の選択肢

先述の通り、Domino/Lotus Notesは、ALL-IN-ONEソリューションのため、他のプラットフォームに移行するためにまず、現行の環境でLotus Notesをどのような目的で使用するかを明確にし、目的によって適切な移行方法を選定する必要があります。
以下は主なNotes移行方法の選択肢です。

  • ①メール移行
  • ②Notesアプリケーション移行


メール移行は様々な移行先を選択できます。
しかし、Notesアプリケーションの最適な移行先はSharePointとされています。
その理由は、以下の画像をご覧ください。

Notes移行方法の選択肢


まず最初に、NotesとSharePointのデータ構造とコンポーネントがほぼ同じため、他のプラットフォームと比べてNotesからSharePointへ移行しやすい点です。
次に、Office 365(Office、Exchange等)が人気となっているため利用者は、Notesアプリケーションの代わりにSharePointを使用ためライセンス料を削減できます。
最後にSharePointはWebプラットフォームのため、インストールせずに様々な環境で稼動できます。
CSOM API経由でC#、Javascriptでカスタマイズがしやすくなり、C#やJavascriptの基本知識を必要とするのでSharePoint開発者のコミュニティが発展していることも理由の一つです。



Notes/Domino からのデータ移行支援ツール


〜 Notes/Domino から SharePoint®への移行を低コスト・短時間で実現!〜

CoibumiDMのデータ移行


当社では、2019年 6月よりグループウェアの他のプラットホームへのマイグレーションに不可欠なデータ移行作業を効率的に実現する自社開発ツール「Coibumi Data Migration(以下 CoibumiDM)」 に、Notes/Domino の移行機能を追加しました。

オフショア開発ならコウェル!

オフショア開発とはビジネスでは海外の現地企業や法人などにシステム開発を委託することを言います。
日本国内で人件費の高騰や人材不足が慢性化してから、オフショア開発に乗り出す企業が増えました。
現在は中国・インドといったオフショア先進国の人件費の高騰もあり、ベトナムの時代に入っています。中国・インドのみならず、日本のエンジニアと比較しても遜色のないスキルを持つ点が、ベトナムの魅力です。ベトナムでのオフショア開発をお考えの担当者様はコウェルをご検討ください。

コウェルは、日本に本社を置きWEB・業務システムの開発や、EC構築の開発など、幅広いシステム開発を担う会社です。
東京「天王洲アイル」の本社ではプロジェクトをサポートする日本人PMが、お客様のご要望をじっくりヒアリングさせていただき、リーズナブルで高品質なシステムを提供します。


なお、コウェルに関する詳細資料は以下でダウンロードすることが可能ですので、何かございましたらお気軽にお問い合わせください。

<会社資料ダウンロードについて>

このほか、弊社の具体的なサービスや導入事例については以下をご覧ください。

コウェルのSharepointサービスメニュー>>>
コウェルは、日本とベトナムから世界中のお客さまへ高品質なソフトウェアテスト・品質保証・オフショア開発サービスを提供しています

コウェルの業務システム導入事例>>>
コウェルは情報通信、金融、流通・小売サービス、医療・ヘルスケアなど、さまざまな業界のお客様の導入を支援しています。

コウェル編集部
コウェル編集部
コウェルのお役立ち情報は、マーケティングメンバーを中心とした「オフショア開発の成功のヒントとなるメディア」です。 オフショア開発にかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

人気記事ランキング

タグ一覧