SharePoint Server
からSharePoint Online
マイグレーションツール

豊富な移行機能

複数サイトを統合した
移行も可能

Coibumi Data Migration(以下、CoibumiDM)は、オンプレミス環境のSharePointから、Office 365のSharePoint Onlineへコンテンツや設定情報などのデータを効率的に移行するツールです。サイト構築データの移行工程とデータ移行の工程を分離した方式を採用することで、サイト構築とデータ移行を同時に行う従来のダイレクト移行ツールでは実現できない、複数サーバの統合、差分データの移行、ダウンタイムの短縮などを実現します。


さらにインポート/エクスポートのインターフェース化構造を採用し、将来的には複数のグループウェアを移行先や移行元へサポートすることを予定しています。

SharePoint On-
premiss Job API
SharePoint
Online API
Cybozu
Job API
IBM Domino
Job API
COMMON API
sharepoint移行ツール
SharePoint On-
premiss Job API
SharePoint
Online API
Cybozu
Job API
IBM Domino
Job API
COMMON API

※上図は今後提供検討しているものも含まれます。

コンセプトと移行フロー

従来の移行ツールでは、サイト構成情報(サイト/リスト/フィールド、ユーザ権限など)と、移行データ(データベース情報)を抽出し、移行元から移行先へダイレクトに送信する方式でした。

<従来のデータ移行ツール> sharepointデータ移行

コウェルのCoibumi DMは、移行元から各種データを抽出後に、一旦サイト構築情報をExcelファイルへ、移行するデータベース情報をSQL Serverへ格納することで、移行先のサイト構築処理とデータ移行処理を別々の工程で行う方式を採用しました。

<コウェルのCoibumi> オフショア開発データ移行

<Coibumi DMによるSharePointのマイグレーション工程の詳細> coibumiデータマイグレーション
①サイト構築データ抽出 ②調整作業③データ移行 ④データ抽出 ⑤データ前処理 ⑥データ移行 ⑦データ後処理
移行元からサイト構築に関連のデータをCoibumiで抽出
  • サイト
  • リスト
  • フィールド
  • ビュー
  • ナビゲーション
  • グループ
  • ユーザ権限
  • メタデータ
  • etc
②移行先にあわせてサイト構築に必要な項目をEXCELファイルで編集

③移行先へサイト構築に必要なデータをインポート。
  • 移行元から移行データを抽出し、SQL Serverに一時格納
  • 抽出対象は選択可能
  • 抽出範囲のフィルターも可能
移行先にあわせCoibumiを利用しデータ処理
  • 列の追加
  • データ交換
  • ユーザマッピング
  • リンクマッピング
  • 処理したデータを移行先へ移行
  • 移行前にリスト、フィールドマッピング可能
  • 移行範囲のフィルターが可能
移行先への事前環境調整
  • システムフィールドを修正
  • リンクの修正個別権限の付与

この方式採用によるメリット

  • 複数のフィールドを1つのフィールドに結合可能(データ処理後の移行が可能)
  • 複数のSharePoint Serverを、1つのSharePoint Onlineにデータ移行が可能
  • 差分移行が可能
  • 移行に伴うダウンタイムの短縮

<複数フィールドを結合して移行が可能> coibumisharepoint <複数SharePoint Serverを1サイトのSharePoint Onlineに統合して移行が可能> coibumi移行ツール

<ダウンタイムの短縮>


移行データの量が多い場合は、1回の移行ではデータ移行に時間がかかり数日のダウンタイムが発生してしまいます。

移行作業を2回に分けた差分移行を行うことでダウンタイムの短縮が可能です。


・1回の作業でのデータ移行(ダウンタイムが長い)

1回の作業でのデータ移行

・移行作業を2回に分けた差分移行(ダウンタイムが短い)

移行作業を2回に分けた差分移行

特長

  • SharePoint Onlineへのデータ移行に対応
    • 移行元はSharePoint Server 2010/2013/2016をサポート
    • サーバ、PCのどちらにもインストール可能
  • 豊富なデータ移行機能
    • サイトコレクション/サイト/リスト/アイテム等、任意のコンテンツレベルで移行することが可能
    • 各コンテンツの権限情報やプロパティ情報を保持して移行することが可能
    • SharePointグループやアクセス許可レベルなど、サイトの設定情報の移行が可能
    • ユーザ情報や権限情報、プロパティ情報を修正して移行することが可能
    • PowerShellによる外部操作が可能
  • サイト構築とデータ移行の工程を分離したフローを実現
    • 複数のSharePoint Serverを1つのSharePoint Onlineにデータ移行が可能
    • 複数のフィールドを1つのフィールドに結合可能(データ処理後の移行が可能)
    • 差分移行が可能
    • 移行に伴うダウンタイムの短縮

仕様

  1. 動作環境
    • OS:Windows7、8、10、Windowsサーバ2008/2012/2016
    • .NET framework:4.5以上がインストールされていること
    • メモリー容量:4GB以上 (空容量残り)
    • ディスク容量:20GB以上(空容量残り)
  2. 移行要件
    • 移行元:SharePoint Server 2010/2013/2016
    • 移行先:SharePoint Online
    • ※移行元/移行先環境への接続ユーザはフルコントロール権限が必要

価格

商品名 価格(税別)
Coibumi DataMigration 500,000円

各種ツールの利用とオフショア開発の活用による開発・マイグレーションコストの

削減を実現できるコウェルのSharePoint開発サービス。

是非ご相談ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら
※Microsoft、SharePointは、米国Microsoft Corporationの米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。
その他、社名、商品名は各社の商標または登録商標です。
pagetop